会社設立とドメイン

会社設立をすればドメインを取得しよう

会社設立をするときにはドメインを取得してウェブサイトを設置する人が多くいます。
インターネットの普及した現在では、会社の情報を知るためにウェブサイトを作成するのはほぼ当然のこととなってきていると言えるでしょう。
経費を削減したいという理由からウェブサイトを持たないというのも一つの方法ですが、これだけ多くの人がウェブサイトを開設する理由は、やはりメリットが大きいからです。
では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

会社設立をするときにも、経営を続けていくときにも公告が必要となるケースがあります。
この公告の方法についてですが、3つの方法があります。
その一つが官報に掲載する方法です。
二つ目が日刊新聞などに掲載する方法です。
そして三つ目が電子公告と言って、ウェブサイトで広告をする方法です。

この3つの方法があるのですが、どれを選べば良いのかは定款で定めます。
定款に記載がない場合には官報で公告することになります。
会社設立をした際の公告については、多くの人が官報を選んでいます。
というのも、手間がかからず、コストもかからないからです。

しかし、決算公告になると、官報を利用するとコストが多くかかりますから、ウェブサイトを利用する人が多いです。
このようなことからウェブサイトを持つ人が多いのですが、その際にはドメインを取得する方が良いと考えられます。
ドメインを取得すれば、会社のウェブサイトのURLがシンプルになり、企業イメージはアップするでしょう。
また、最近では情報の伝達手段はメールになっていることが多く、@以降に会社名の入ったメールアドレスを持っている方がイメージは良いでしょう。
このように、会社設立をするときにドメインを取得するメリットは多くあります。

会社設立をするときにはいろいろな経費がかかるのですから、少しでも安くしたいと考えるのは自然なことですが、最近ではかなり安く設置できると言うことも頭に入れておかなければなりません。
もちろんですが、初期費用があまりなくて、最初の費用をできるだけ押さえたいというのならウェブサイトを持たなくても良いですが、その後も経営を続けていくのであれば、ウェブサイトを持つことにはコスト面でも企業のイメージの面でもメリットは大きいと考えられます。
会社設立時の資金に余裕があるのであれば、最初にドメインを取得してウェブサイトを開設しておくメリットは大きいと言えるでしょう。